Amazon Fire (7inch 2015 5th Gen) NexusROM導入

 

昨年、アマゾンプライム会員になった際に購入したAmazon Fire (7inch 2015 5th Gen)はroot化&カスタムROM(cm12)導入して格安アンドロイドタブレットとして利用してます。

Xiaomi Redni note3 proのROMやカーネル焼き遊びがひと段落したこともあり、

Amazon FireのカスタムROMを物色していたら、よさげなものがあったので試験導入しました。

注意:あくまでも管理人のFireOSバージョン5.1.1での作業記事ですのでバージョンによってはできない場合があります。当記事を利用しての作業については全て自己責任で行ってください。当方では一切責任は負えません。

事前準備

7inch 2015 5th Gen FireOSバージョンによって方法が異なるようです。

管理人の端末は5.1.1でした。現在はroot化&カスタムROM(cm12)導入した状態。

5.0.xまではbootloaderアンロックできたようですが、

残念ながら5.1.1以降は不可能なようです。

最新バージョン5.3.1.0は現時点ではRoot化、およびダウングレードは不可のようです。

その他のバージョンの留意点として、

・5.1.4, 5.1.3, 5.1.2.1, 5.1.2 は 5.1.1、またはそれ以下のバージョンにダウングレード不可

・5.1.1 もダウングレード不可

・5.1.2.1 はRoot化不可なので、5.12にダウングレードする。

また、ROM焼き失敗した際に、FireOSに戻す手順を確立しておく事をお勧めします。

この準備をしておけば、いつでもFireOSに戻せますので安心です。

参考記事

Amazon Fire (7inch 2015 5th Gen) ファームウェア手動インストール


NexusROM導入

参考にしたサイト:[ROM][AOSP] Fire Nexus ROM – LMY49J [12 Aug 2016]

管理人の端末は5.1.1ですのでROM焼きはFlashFireアプリを使用。

1.WIPEアイコンをタップし、Options設定画面のチェックはデフォルトのまま、レ点をタップ。

Screenshot_2016-08-15-21-09-34Screenshot_2016-08-15-21-09-39

 

2.flashZIPorOTAアイコンをタップし、NexusROMのZipファイルを選択。

Screenshot_2016-08-15-21-09-49

Screenshot_2016-08-15-21-10-13

 

3.Options設定画面のチェックはデフォルトのまま、レ点をタップ。

Screenshot_2016-08-15-21-10-24

4.お好みでSuperSU、Xposed等Flashしたい場合、上記2.,3.を繰り返す。

(GappsはROMにビルトインされているので別途Flash不要)

5.WIPE処理を一番最初に実行させるために、WIPE部分をドラッグして先頭に移動させた後、Flashボタンタップ。

Screenshot_2016-08-15-21-10-52 Screenshot_2016-08-15-21-11-02

6.インストールと自動再起動処理で数分後無事設定画面が表示されればOK

aospのブートアニメーションはポップな感じが好きです。

anigif

Screenshot_2016-08-14-14-52-55Screenshot_2016-08-14-23-57-54 Screenshot_2016-08-14-23-58-01 Screenshot_2016-08-14-23-58-13

XposedはFlashFireでうまくインストールできなかったので、APKファイルをダウンロードしてファイルマネージャからインストールした。

定番モジュールをインストール(使いこなせてないですが・・・)

Screenshot_2016-08-15-20-30-53

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です