自慢タイム

「あなたやあなたの会社と、
競合相手との一番の違いは何ですか?」

もし、こう聞かれたらどう答えますか?

技術力の高さ?
独自の商品?
商品の価格?

それとも、、、

対応力の早さ?
品数?
独自の製法?

あるいは、、、

お客さんとの距離の近いとか?

女性専用のスポーツジムのように
特定のお客さんだけ扱っているとか?

塩専門店みたいに
特定の商品だけ扱っているとか?

・・・

さて、、、
少し考えて頂いたと思いますが、、、

この「答え」が何なのかは、
実は今日の本題とは関係ありません。

もちろん、じっくり考える価値のある、
「質問」ではあるのですが、、、

この「質問」。

初対面の人と絆を作るのに
とても有効な質問なんです。

「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」 P.37
——————————————————–
私はこの質問を自慢タイムとよんでいる。

私たちは人生の中で、
自分自身や自分の成果を自慢してはいけない
と繰り返し教え込まれる。

しかし、ここでは話し相手に好きなだけ
自慢する機会を与えよう。

——————————————————–

「紹介の連鎖が永久に続く
マル秘人脈活用術」によると、

これは「フィール・グッド・クエスチョン」
と呼ばれる質問の一つ。

フィール・グッド=気分が良くなる

つまり、相手が答えるのが
楽しくなるような質問をなげかけることで、
相手との距離を短時間で詰める
というテクニックです。

交流会や懇親会で名刺交換をし、
お互いの気持ちがほぐれたところで
こういった質問をする。

そうすると、相手は話がとまらなくなり、
一気に親密になれる、というわけです。

さて、、、冒頭に戻って。

「あなたやあなたの会社と、
競合相手との一番の違いは何ですか?」

こう聞かれたらどう答えますか?

「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」には、
全部で10のフィール・グッド・クエスチョンが書かれています。

クリックして詳細を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です